包茎手術クリニックおすすめ8院!根拠を元にクリニックを紹介

包茎手術クリニックおすすめ8院!根拠を元にクリニックを紹介

包茎手術するならおすすめのクリニックはどこ?」「失敗のない包茎手術の受け方が知りたい」

包茎手術はデリケートな手術であるため、不安や疑問を抱えている人は多いのではないでしょうか。

結論、包茎手術でおすすめのクリニックは「治療実績が豊富で、手術後のアフターケアが充実しているクリニック」です。

包茎手術は、失敗した際にツートンカラーやペリカン変形などのリスクが生じる可能性があります。

その他感度が変化したり手術痕ができるなどで後悔する場合もあるためクリニック選びが非常に大切です。

そのため、後悔せず確実に包茎を治したい人は、「費用の安さ」ではなく「治療実績」と「アフターケア」が充実しているクリニックを選びましょう。

この記事では、包茎手術でおすすめのクリニックを8院紹介します。

クリニックごとの費用やプライバシー面についても解説していきますので、包茎手術を検討している人はぜひ参考にしてください。

スクロールできます
 クリニック名手術料金おすすめポイント実績手術方法プライバシーへの配慮展開院
メンズライフクリニック
メンズライフクリニックバナー
\費用が安い/
詳細はこちら
45,000円〜カウンセリングが無料
完全個室制・完全予約制
痛みが少ない施術可能
万全のアフターケア
・環状切開術
・亀頭直下埋没法
・背面切開法 
完全個室制
完全予約制
男性スタッフが担当
全国15院
北海道・東北・関東・中部・近畿・中国四国・九州
上野クリニック
上野クリニックバナー
\相談だけでもOK/
詳細はこちら
79,200円~無料相談だけの利用でもOK
② 時間を惜しまないカウンセリング
③施術時間は約40~50分で当日帰宅可能

万全のアフターケア
総来院数30万人以上※1・環状切開術完全個室制
完全予約制
男性スタッフが担当
全国15院
東北・関東・中部・近畿・中国・九州
ABCクリニック
ABCクリニックバナー
\LINEで相談可能/
詳細はこちら
55,000円~LINEで無料相談可能
術後も相談できる
独自の手術法採用
・ABC式CSカット
・ABC式Sカット
完全個室制
完全予約制
全国22院
北海道・東北・関東・中部・近畿・中国四国・九州

※1:1991年~の累計来院実績

当記事がおすすめの人
  • 包茎手術のおすすめクリニックが知りたい人
  • 後悔のない包茎手術を受けたいと考えている人
  • 包茎手術クリニックの選び方や通い方が知りたい人
目次

包茎手術で最も大切なのは治療実績!アフターケアの有無も重要

包茎手術では以下のような手術の失敗や後遺症が起こる場合があるので、防ぐために治療実績アフターケアの有無を比較することが大切です。

包茎手術の失敗例
  • 色ムラによりツートンカラーになる
  • 男性器の先が膨らみペリカン変形になる
  • ケロイドになる
  • 遅漏や不感症になる

参照:包茎手術の気概事例(消費者庁)

これら包茎手術の失敗には医師の経験不足や患者の希望通りでない手術、保険適用の手術などが原因が挙げられます。

包茎手術で失敗する主な理由
医師の経験や技量が不足していた

包茎手術は余分な包皮を切除する手術ですので、正確な切除や、丁寧な縫合が必要になります。

しかし、経験・技量不足の医師が担当すると、不具合が生じることもあります。

手術前にカウンセリングがあるので不安な方は納得するまで質問及び相談をするようにしましょう。

患者の希望通りでない手術

手術前のカウンセリングで仕上がりを医師と決めていくのですが、クリニック側の都合で手術方法を決定されたりなど患者の希望を無視された場合は失敗に繋がるリスクもあるので注意が必要です。

参照:契約トラブルに関して(独立行政法人 国民生活センター)

保険適用での手術

保険適用の手術は基本的に病気の治療として行われるため、包茎治療はできますが、仕上がりは患者の希望にならない場合があります。

保険適用は安く手術ができる場合がありますが、上記のような背景から満足できない仕上がりになることも押さえておきましょう。

そのため、包茎手術では治療実績とアフターケアの有無をしっかり確認することが大切です。

治療実績の多さは大きく異なり、クリニックによっては総来院数が30万人以上のクリニックもあります。

治療実績の多いクリニックであれば、その分手術実績のある豊富な専門医に担当してもらえる可能性があります。

そのため、公式サイトやHPから各クリニックの治療実績を比較することが大切です。

アフターケアに関してもクリニックによっては以下のような内容がありますので比較するようにしましょう。

アフターケアの主な内容
  • 術後は期間を問わずいつでも包茎治療について相談できる
  • 処方箋や傷口ケア用の衛生用品がもらえる
  • 24時間体制の患者サポート
  • 治療後の経過に関する診察や診療が全て無料

包茎手術後はしばらくの間日常生活でも留意することが多々ありますので、もし何かトラブルがあった際にアフターケアを受けられるのはとても大切なことです。

公式サイトでも治療実績やアフターケアの有無は記載ありますが、当サイトでも各クリニックの治療実績を比較しておりますので、是非参考にしてください。

包茎手術のおすすめクリニック8院!診療実績・料金・アフターケアを比較

包茎手術おすすめランキング!

おすすめの包茎手術クリニックとして、8院を紹介します。

診療実績を重要視し、その中でも料金の安さアフターフォローの手厚さでおすすめの包茎手術クリニックをピックアップしています。

スクロールできます
クリニック名手術料金おすすめポイント実績手術方法プライバシーへの配慮アフターケアの内容男性スタッフの有無診療時間展開院
メンズライフクリニックメンズライフクリニックバナー
\費用が安い/
無料でカウンセリングする
45,000円〜無料で相談ができる
完全個室制・完全予約制
痛みが少ない施術可能
万全のアフターケア
・環状切開術
・亀頭直下埋没法
・背面切開法 
完全個室制
完全予約制
男性スタッフが担当
いつでも相談可能全て男性スタッフが対応9:00〜20:00全国15院
北海道・東北・関東・中部・近畿・中国四国・九州
上野クリニック
上野クリニックバナー
\相談だけでもOK/
無料でカウンセリングする
79,200円〜無料相談だけの利用OK
② 丁寧なカウンセリング
③施術時間は約40~50分で当日帰宅可能
万全のアフターケア
総来院数30万人以上※1・環状切開術完全個室制
完全予約制
男性スタッフが担当
術後もいつでも相談可能受付から施術完了まで男性スタッフのみ10:00〜20:00全国15院
東北・関東・中部・近畿・中国・九州
ABCクリニックABCクリニックバナー
\LINEで相談可能/
無料でカウンセリングする
55,000円〜LINEで無料相談可能
術後も相談できる
独自の手術法採用
・ABC式CSカット
・ABC式Sカット
完全個室制
完全予約制
いつでも相談可能公式に記載なし10:00〜20:00全国22院
北海道・東北・関東・中部・近畿・中国四国・九州
東京ノーストクリニック東京ノーストバナー
\24時間相談可能/
医師に相談する
66,000円〜24時間体制の相談窓口あり
②全国34院展開
③年中無休で受付可能
・環状切開術
・切らない包茎手術
完全個室制
完全予約制
男性スタッフが担当
24時間いつでも相談可能 男性スタッフの対応10:00〜20:00全国34院
北海道・東北・関東・中部・近畿・中国四国・九州
アトムクリニック
\日帰り施術OK/
医師に相談する
69,800円〜完全予約制
日帰り包茎手術に対応
③繁華街から離れた立地
・包茎MTトライアル
・基本美容包茎手術など
完全個室制
完全予約制
いつでも相談可能最低限のスタッフのみ
男性スタッフが対応
11:00〜20:00全国5院
北海道・関東・東海・近畿・九州
MSクリニック
\当日予約可能/
医師に相談する
99,000円〜当日予約可能
②完全個室の診察室を用意
③駅近で行きやすい
・亀頭直下埋没法 基本切除
・亀頭直下埋没法 精密切除
・バックカット
・切らない包茎手術
完全個室制(待合室から半個室)
完全予約制
公式に記載なし10:00~20:00全国5院
関東・中部・関西
エーツークリニック
\匿名相談できる/医師に相談する
66,000円〜匿名で包茎手術相談OK
②3段階麻酔を採用
③アフターケア無料
・3次元精密作図法完全個室制
完全予約制
匿名相談可
24時間いつでも相談可能
必要に合わせて処方箋を追加
医師やスタッフが全て男性11:00〜20:00全国5院
関東・中部
エストメンズクリニック
\明細の送付なし/

医師に相談する
55,000円〜明細書の送付等なし
②22時まで営業している
③完全個室で安心
・エスト式包茎手術完全個室制
完全予約制
支払い明細を自宅発送しない
いつでも相談可能公式に記載なし10:00〜22:00関東2院

※1:1991年~の累計来院実績

ランキング根拠を元に各クリニックを順位付けしている写真

※今回紹介する包茎手術クリニックは全国50院を比較検証した上で紹介しております。
コンテンツ制作ポリシーとランキング根拠に基づいて作成しています。
コンテンツ制作ポリシーはこちら
包茎手術クリニックのランキング根拠はこちら

メンズライフクリニックは45,000円から包茎手術に対応

メンズライフクリニックHP写真

費用を抑えて包茎手術を受けられる

完全予約制・完全個室制でプライバシーに配慮

2段階で麻酔を処方して手術の痛みに配慮

万全のアフターケアで安心

45,000円〜

メンズライフクリニックは45,000円から包茎手術に対応しており、亀頭直下埋没法をはじめさまざまな手術法から自分に必要な方法を検討できます。

傷跡が目立たない美しく自然な仕上がりで、周囲にバレずに包茎手術を受ける

入院や通院の必要が無く、包茎手術したその日に即日帰宅することができる為、忙しく時間が取りづらい方でも施術を受けることができます。

治療料金には診察料のほかアフターケアや処方箋代も含まれており、治療後のケアが気になる人にもおすすめです。

メンズライフクリニックの特徴

なお手術では痛みに配慮するため、2段階で麻酔を処方している為、痛みが不安な方も安心して施術を受けることができます。

局所麻酔による注射の痛みを抑えるために針を使わない麻酔で痛みを和らげてから処方するため、痛みを抑えながら包茎手術を受けられるでしょう。

来院した際はプライバシーに配慮するため必ず男性スタッフが対応、診察も完全個室で受けられます。

また、人目のつかない立地で通院しやすく、人目が気になる人もぜひ相談してみてください。

無料でカウンセリングを受けることができるので相談だけでもぜひ受けてみてください。

\完全個室制でプライバシーに配慮/

メンズライフクリニックの公式HP
手術方法亀頭直下埋没法
亀頭直下術
環状切開術
背面切開法 ほか
プライバシーへの配慮完全個室制
完全予約制
男性スタッフが担当
アフターケアの内容いつでも相談可能
診療時間9:00〜20:00(利用院により異なる)
展開院全国15院(北海道・東北・関東・中部・近畿・中国四国・九州)

上野クリニックは術後の不安や異変について相談できる

上野クリニックの公式サイト

無料相談だけの利用でもOK

時間を惜しまない丁寧なカウンセリング

施術時間は約40~50分で当日帰宅可能

万全のアフターケア

79,200円〜

上野クリニックは包茎手術後の不安や異変について、無料で相談ができます。

治療後に必要な処方箋や消毒用品もまとめて提供してもらえるため、治療に際して自分で用意するものが少ない点も魅力です。

施術時間は約40分~50分で、当日の帰宅も可能です。

さらにクリニックでは診療時間中は常に医師が在中し、治療やアフターケアに対応しています。

電話などで術後の相談も受け付けているため、手術や術後の異変についてすぐに医師に相談できるクリニックです。

\無料相談だけの利用でもOK/

上野クリニックの公式サイト
手術方法環状切開術 ほか
プライバシーへの配慮完全個室制
完全予約制
男性スタッフが担当
アフターケアの内容いつでも相談可能
処方箋や消毒用品をまとめて提供
診療時間10:00〜20:00(クリニックにより異なる)
展開院全国15院(東北・関東・中部・近畿・中国・九州)

ABCクリニックは術後いつでも患者の相談を受け付けている

ABCクリニックの公式サイトの画像

LINEで相談できる

患者は手術後いつでも治療に関して相談できる

無料メール相談から受け付けている

55,000円〜

ABCクリニックは包茎手術の利用後、患者はいつでも気になることをクリニックに相談できます。

治療の経過はもちろん、治療により男性器に痛みや違和感を覚えた場合も、すぐに対応してもらえるため術後のケアが不安な人におすすめです。

包茎手術は55,000円から、手術法や男性器の形状により変動します。

ABCクリニック独自の手術法であるABC式CSカット、ABC式Sカットの2種類が採用されているため、治療内容も確認したうえでプランを検討しましょう。

なお包茎治療に関する相談は無料メール相談から受け付けているため、手術内容や料金について気になることがあれば、メール相談から利用してみてください。

手術方法ABC式CSカット
ABC式Sカット
プライバシーへの配慮完全個室制
完全予約制
男性スタッフが担当
アフターケアの内容いつでも相談可能
診療時間10:00〜20:00(利用院により異なる)
展開院全国22院(北海道・東北・関東・中部・近畿・中国四国・九州)

東京ノーストクリニックは全国34院で包茎治療を受け付けている

東京ノーストクリニックの公式サイトのスマホ写真

全国34院で包茎手術を受けられる

テープ麻酔やジェル麻酔を使い痛みを抑えて手術

24時間体制の利用者向け相談窓口を用意

33,000

東京ノーストクリニックは全国34院で包茎手術を受け付けており、地方でも包茎手術を受けられます。

麻酔は注射針の痛みにも配慮するため、テープ麻酔やジェル麻酔で痛みを抑えてから、局所麻酔を処方しています。

そのため切除による痛みが気になる人は、麻酔についても詳しく相談しながら治療を受けましょう。

さらに治療後は、利用者向けの24時間相談窓口を利用できます。

麻酔が抜けたあとの痛みや患部のケア方法など、気になることはいつでも相談できるため、治療後のケア方法や痛みへの対処が気になっている人にもおすすめです。

手術方法環状切開術 ほか
プライバシーへの配慮完全個室制
完全予約制
男性スタッフが担当
アフターケアの内容24時間いつでも相談可能
診療時間10:00〜12:00 / 13:00〜20:00(クリニックにより異なる)
展開院全国34院(北海道・東北・関東・中部・近畿・中国四国・九州)

アトムクリニックは完全予約制&日帰りで包茎手術を受けられる

アトムクリニック公式HP

完全予約制クリニックで日帰り包茎手術に対応

診察料や局所麻酔の処置代が料金に含まれている

男性スタッフによる無料カウンセリングを利用できる

250,000〜 500,000

アトムクリニックは完全予約制で受診を受け付けており、内容に同意すれば日帰りで包茎手術を済ませられます。

診察から実際の手術まで1日で完結するため、すぐに包茎手術を受けられるでしょう。

なかでも69,800円〜で受けられる包茎MTトライアルは、最短30分の治療時間で利用できるため、治療時間が抑えられている点も特徴です。

なお治療料金には診察料や局所麻酔の処置代も含まれており、プラン料金以外に掛かる料金が抑えられています。

カウンセリングや受付対応は必ず男性スタッフが担当しているため、プライバシー面と治療の手軽さを重視したい人におすすめのクリニックです。

手術方法環状切開術
Narumi式美容包茎術 ほか
プライバシーへの配慮完全個室制
完全予約制
男性スタッフが担当
アフターケアの内容いつでも相談可能
診療時間11:00〜20:00(利用院により異なる)
展開院全国5院(北海道・関東・東海・近畿・九州)

MSクリニックは待合室から半個室でプライバシーに配慮されている

MSクリニックの公式サイトの画像

来院すれば半個室の待合室に通される

治療後も電話やメール、LINEで相談できる

抜糸の有無で2種類の糸から選べる

165,000

MSクリニックは待合室から半個室、診察室は個室で用意されており、極力ほかの利用者と顔を合わせないようプライバシーに配慮されています。

受診前の相談についても電話やメール、LINEなどさまざまな方法で受け付けているため、疑問や不安を解決したうえで来院に進められるでしょう。

包茎手術では抜糸の有無に違いがある2種類の糸から、自分で選べます。

抜糸の必要がない吸収糸と、抜糸が必要(処置代無料)なナイロン糸から選べるため、治療法や通院の負担をもとに糸の種類についても検討しましょう。

手術方法亀頭直下埋没Vカット法
3次元作図法 ほか
プライバシーへの配慮完全個室制(待合室から半個室)
完全予約制
アフターケアの内容24時間いつでも相談可能
必要に合わせて処方箋を追加
診療時間10:00〜20:00(クリニックにより異なる)
展開院全国5院(関東・中部・近畿)

エーツークリニックは匿名相談から男性器の悩みを相談できる

匿名で包茎手術について相談できる

複数の治療法を組み合わせた治療計画に対応

3段階で麻酔を処方して痛みに配慮している

66,000円〜

エーツークリニックは匿名での包茎手術相談から受け付けており、最初は名前や顔を伏せて気になることを相談できます。

治療に合意してから本人確認を行えるため、極力包茎手術を受けたいことを隠しながら治療を始めたい人におすすめです。

包茎治療では、複数の治療法を組み合わせた治療プランも利用でき、男性器に関する悩みを広く相談できます。

実際の手術では3段階で麻酔を処方することで痛みに配慮しているため、プライバシー面と痛みへの対処を重視したい人は、ぜひエーツークリニックに相談してみてください。

手術方法作図法 ほか
プライバシーへの配慮完全個室制
完全予約制
匿名相談可
アフターケアの内容24時間いつでも相談可能
必要に合わせて処方箋を追加
診療時間11:00〜20:00(クリニックにより異なる)
展開院全国5院(関東・中部)

エストメンズクリニックは包茎手術におけるプライバシーに配慮

家族や知人にもバレないようプライバシーに配慮

メールでの無料相談から受け付けている

最短90分で日帰りの包茎手術を済ませられる

600,000円〜

エストメンズクリニックは包茎手術におけるプライバシー面に配慮するため、患者のさまざまな悩みや不安に柔軟に対応しています。

完全個室制&完全予約制のクリニックで対応していることはもちろん、包茎手術の支払い明細の発送方法についても事前相談できます。

通常は自宅配送ですが、家族や同居人に包茎手術したことがバレたくない場合は、ほかの方法で発送してもらえるため、あらかじめ相談のうえ治療しましょう。

包茎手術は最短90分で対応しており、日帰りで完結させられます。

毎日22時まで対応しているため、仕事帰りなど夜の時間帯での治療を考えている方にもおすすめのクリニックです。

手術方法亀頭直下埋没法 ほか
プライバシーへの配慮完全個室制
完全予約制
支払い明細を自宅発送しない
アフターケアの内容いつでも相談可能
診療時間10:00〜22:00
展開院関東2院

包茎手術の後悔しないクリニックの選び方!費用や手術方法を比較して選ぶ

包茎手術のクリニックを選ぶ

包茎手術に後悔しないよう通うなら、手術方法や料金面などクリニック選びからこだわりましょう。

包茎手術クリニックの選び方
  • 自分が受けたい手術方法に対応しているか
  • 手術痕が残りづらいよう配慮されているか
  • 予算を超えない費用で包茎手術を受けられるか
  • プライバシーに配慮されているか

包茎手術は自分が負担なく受けられるかどうかは非常に大切です。

またアフターケアの内容が手厚いかどうか、プライバシーに配慮されておりデリケートな話題も相談しやすい環境かどうかも、必ず検討しておきましょう。

以下からは後悔のない包茎手術を受けるために知っておきたい、クリニックの選び方4つのポイントについて、さらに詳しく解説します。

自分が受けたい包茎手術方法に対応しているクリニックを選ぶ

包茎の種類によって受けられる手術方法も変わります。

受けたい手術方法は自分に合っているのかをよく確認しておきましょう。

包茎手術にはさまざまな手術方法があるため、自分が受けたい方法に対応しているクリニックを選びましょう。

種類主な特徴
亀頭直下埋没法・亀頭根本の余った包皮を切除する方法
・手術痕が残りづらいきれいな仕上がりを目指せる
根部切開法・男性器の根本を切開して包皮を切除する方法
・手術痕が目立ちにくいものの仮性包茎しか適用できない
環状切開術・包皮輪の部分を環状に切除する方法
・失敗のリスクが少ないものの手術痕がわかりやすい
背面切開術・包皮に切り込みを入れて包皮輪を切開する方法
・真性包茎や嵌頓包茎の人に向いている
クランプ法・レーザーメス(クランプ)で余った包皮を切除する方法
・短時間で包茎手術を受けられる
作図法・余った包皮を切除して縫合する方法
・手術痕が目立ちやすいものの保険適用で手術を受けられる

手術方法により適用できる男性器の形状が異なったり、仕上がりに違いが出る場合もあります。

特に手術痕が残りやすいかどうかは、選択する手術方法はもちろんクリニックの対応内容によっても変わるため、慎重に検討したうえで選んでください。

複数の手術方法で悩んでいる場合は、クリニックの無料カウンセリングで痛みや仕上がりなど自分が重視したいポイントを伝えて相談するのもおすすめです。

手術痕が残りづらいよう配慮されたクリニックを選ぶ

包茎手術を受ける際は、手術痕が残りづらいよう配慮されているクリニックを選びましょう。

手術痕が残りづらい包茎手術を受けるコツ
  • 亀頭直下埋没法など傷跡が残りづらい方法に対応したクリニックを選ぶ
  • デザインについて細かく相談できるクリニックを選ぶ

もちろんメスを使って切開や切除を行う以上は、完全に手術痕が残らない方法を選ぶことは難しいでしょう。

しかし手術痕が残りやすいかどうかは、選択する手術方法はもちろんクリニックのサポートや対応内容によっても変わります。

クリニックによっては手術痕が極力残らないよう、患者1人1人に合った手術法やデザインを提案してもらえる場合もあります。

そのため仕上がりを重視する場合は、デザインについて詳しく相談できるクリニックに注目しましょう。

包茎手術の費用相場を大きく超えないクリニックを選ぶ

包茎手術をする際は、包茎手術の費用相場を大きく超えない予算で手術を受けられるクリニックを選びましょう。

包茎手術の費用も包茎のタイプや手術方法によって異なります。

包茎手術の費用相場は以下になりますので、是非参考にしてください。

包茎の種類料金相場
仮性包茎7〜12万円
真性包茎13〜18万円
嵌頓包茎13〜20万円

仮性包茎の場合の料金相場は「7~12万円」と、包茎の種類の中でも一番安い価格となっています。

真性包茎の料金相場は「13~18万円」、嵌頓包茎は「13~20万円」とあまり差はなく、嵌頓包茎の方が料金相場が高くなっています。

男性器の形状によっても適用できる手術方法に違いがあるため、料金が変動します。

自分の包茎の状態はどの手術方法に適しているのか医師とよく相談し、クリニックの料金システムについて知っておくことも大切です。

包茎治療クリニックを選ぶ際は、クリニックの料金システムを把握して予算を超えない料金で利用できるか検討しましょう。

相場の手術費用を把握することはもちろん、利用の際は手術に関連する追加料金の有無も確認しておくことが大切です。

包茎手術の追加費用
  • 診察料(初診料や再診料)
  • 手術に必要な麻酔処置代
  • 手術後の処方箋代
  • 抜糸代やアフターケア代

クリニックによって、診察料や処置代がプラン料金に含まれているか否かは異なります。

なかには一見手術料金が安く見えても、追加料金が掛かって出費が嵩む場合もあるため、追加料金を含めた総額を把握したうえで、予算内で利用できるか検討してください。

プライバシーに配慮されたクリニックを選ぶ

包茎治療はデリケートな話題であるため、プライバシーに配慮されたクリニックを選びましょう。

プライバシーに配慮されたクリニックの特徴
  • ほかの患者がいる前で名前や治療内容を声に出さない
  • 完全個室のカウンセリング室や診察室が用意されている
  • 完全予約制でほかの患者と極力顔を合わせないようにしている
  • 男性器の悩みを相談しやすいよう男性スタッフが対応している

そのほか、クリニックによってプライバシーに配慮する工夫はさまざまです。

包茎治療はあまり人に聞かれたくない話題であるからこそ、受付や待合室での配慮はもちろん、相談内容が漏れない完全個室でカウンセリングや診察を受けられることも重要です。

「人目が気になって質問や要望をちゃんと伝えられなかった」と包茎手術を後悔することにならないよう、プライバシー面にも注目してクリニックを選んでください。

包茎手術とは亀頭部を覆っている包皮を切除する手術

包茎手術とは、亀頭を覆う包皮を切除する外科手術の1種です。

そもそも包茎とは、勃起していない状態で包皮に覆われている状態の男性器を指し、日本人男性の8割は包茎ともいわれています。

包茎は手術を行うことで、勃起時の痛みの軽減はもちろん、恥垢が溜まりにくくなることによる衛生面や臭い、かゆみなどの予防をすることができます。

包茎の種類についてのフローチャート
真性包茎
状態包皮輪が狭く剥いたり勃起しようとすると締め付けられる
痛みあり
衛生面包皮内に恥垢が溜まる恐れがある
その他問題性行為に問題が出るほか亀頭にうっ血痕ができる場合がある
治療の必要性要検討

包茎には主に3つの種類があり、自分がどの種類に当てはまるかによって手術の必要性が変わるため、まずは自分の男性器のタイプについて把握したうえで手術を検討する必要があります。

もちろん痛みや問題、治療の必要性は自分の考え方や実際の男性器の形状により異なります。

包茎に分類される男性器の多くが仮性包茎ですが、真性包茎や嵌頓包茎に分類される場合は包茎手術を検討することがおすすめです。

包茎手術の種類
包茎手術の6種類について解説した画像
スクロールできます
手術方法手術豊富特徴
亀頭直下埋没法亀頭根本の余った包皮を切除医師によって包茎治療の傷跡が目立たない手術方法で、仕上がりが綺麗。
高い医療技術が問われる手術方法である為、医師によって技術差がある。
根部切開法男性器根本を切開して包皮を切除男性器の根元だけに手術痕が残るが、陰毛によっておおわれる為、外からは分からない状態となる。
環状切開術包皮の口部分を環状に切除多く行われる手術方法の為失敗するリスクが少ない
痛みも少ないが、縫合部位のツートンカラーがやや目立つ可能性がある。
背面切開術包皮に切り込みを入れて包皮輪を切開他の手術方法よりも切開する範囲が少ない。
傷の治りが早く身体への負担が少ない
クランプ法レーザーメスで余った包皮を切除比較的に容易な手術方法である為、高度な医療技術は必要としないが、傷は目立ちやすい。
作図法余った包皮を切除して縫合仮性包茎、真性包茎、嵌頓包茎すべてのタイプに行える手術法。
保険が適用できる。

包茎手術方法は上記の6種類に分けられます。

一般的と言われる包茎手術方法は「環状切開法」で、手術失敗のリスクが少ない手術法です。

どの手術方法が合っているかは男性器の形状や手術に対する考え方により異なるため、医師と相談しながら包茎手術について検討するのもおすすめです。

治療法には複数の選択肢があるため、包茎にお悩みの人はぜひ手術も検討してみてください。

参考:美容医療サービスにみる包茎手術の問題点(独立行政法人国民生活センター)

包茎手術のメリットとデメリットを解説!性病予防や衛生面の改善が期待できる

包茎手術のメリット勃起時の痛み圧迫感解消衛生面の改善蒸れ匂いの軽減
包茎手術のデメリット手術痕が残る・感度の変化・手術費用が高い

包茎手術のメリットは、勃起時の痛みや圧迫感を解消することができ、清潔に保つことができます。

また衛生的にも良いため、性病予防を目指すことができます。

デメリットは手術痕が残る可能性があることや費用がかかってしまうことです。

亀頭が露出することで感度が変化してしまうこともデメリットの一つとして挙げられます。

以下で包茎手術のメリット・デメリットについて詳しく解説していますので是非参考にしてみてください。

包茎手術のメリットは痛みや圧迫感を解消し衛生面の改善が期待できる

包茎手術のメリットの画像
包茎手術のメリット
  • 包皮から亀頭を露出でき勃起による痛みや圧迫感を解消できる
  • 包皮内に恥垢が溜まりにくく衛生面の改善や性病予防を目指せる
  • 男性器の蒸れや臭い、かゆみの軽減を目指せる

包茎手術のメリットは、包皮から亀頭を露出させることができ勃起時の痛みや圧迫感を解消できることです。

また包茎を放置する場合、尿残りや精子残りによって汚れが溜まりやすくなります。

そのため包茎手術を受けることで不衛生な状態を解消でき、蒸れや匂いの軽減にも繋がります。

包茎手術で亀頭が露わになることで洗いやすくなるので清潔感を保つことができます。

汚れがたまることで不衛生な状態になるので、包茎術をすることで性病リスクが少なくなります。

包茎手術のデメリットは手術痕が残る可能性がある

包茎手術のデメリットの画像
包茎手術のデメリット
  • 手術痕が残る可能性がある
  • 亀頭が常に露出することで感度が変化する
  • 手術費用がかかる

包茎手術のデメリットは手術痕が残る可能性があることです。

手術方法によっては手術痕が残る可能性があります。

また、包茎手術によって亀頭が常に露わになることで感度が変化してしまうのも、デメリットの一つです。

手術費用も手術方法によって異なりますが、約10万円~20万円と費用が高いです。

真性包茎や嵌頓包茎の場合は、保険が適応できます。

包茎手術を受ける際は、あらかじめデメリットを把握した上で医師に相談するようにしましょう。

また、包茎手術のクリニックでは以下のアフターフォローに対応しているところも多いため、不安な方も始めやすい制度があるかもチェックしましょう。

包茎手術のアフターフォロー
  • 術後も相談が無料でできる
  • 再診が無料
  • 痛み止め追加費用無料

参考:包茎の害(公益社団法人鳥取県医師会)

包茎手術を受ける注意点は術前の相談や術後の過ごし方に気をつけること

包茎手術を受ける際は、クリニックとの事前相談や術後の過ごし方に気をつけましょう。

包茎手術の注意点
  • 疑問や不安は手術前のカウンセリングで解決しておく
  • 術後一定期間は激しい運動や性行為を控える
  • 術後の過ごし方など医師の指示を必ず守る

包茎手術は料金や痛み、術後の仕上がりなどさまざまな不安があるからこそ、手術に関する疑問や不安は必ず解決してから手術を受けましょう。

また術後のトラブルを避けるため、過ごし方やケア方法をクリニックから指示される場合もあります。

クリニックからの指示を守ることは、術後のトラブルやリスクを避けるうえでも大切なことのため、自己判断せず指示を守って過ごしましょう。

以下からは包茎手術の注意点3つについて、さらに詳しく解説します。

疑問や不安は契約前のカウンセリングで解決しておく

包茎手術について疑問や不安があれば、必ず契約前のカウンセリングや診察で解決しておきましょう。

包茎手術はほとんどの人が初めて受けるものだからこそ、さまざまな疑問や不安がつきまといます。

包茎手術の不安例
  • 手術費用とは別に追加料金が必要ないか
  • 包茎手術に痛みや負担はないか
  • 手術に失敗してしまうリスクはないか
  • 術後は問題なく性行為や日常生活を送れるかどうか

料金はもちろん、手術の痛みや失敗のリスク、術後の生活などさまざまな疑問や不安があるでしょう。

それらの疑問や不安を残したまま包茎手術を受けてしまうと、手術を受けたことをあとから後悔してしまう恐れもあります。

多くのクリニックでは、包茎手術に関する手術前の無料カウンセリングや診察を受け付けています。

疑問や不安はほんの些細なことでも、事前に聞いて解決してから受けるかどうか検討しましょう。

  • クリニックでは契約前の無料カウンセリングや診察を受けられる
  • 些細なことでも事前に質問・相談して不安を解消してから手術を受ける

参考:美容医療を受ける前にもう一度(消費者庁 / 厚生労働省 / 独立行政法人国民生活センター)

術後も一定期間は激しい運動や性行為を控える

包茎手術を受けたあと一定期間は、男性器に手術痕があるため激しい運動や性行為は控えてください。

術後しばらくは控えるべきこと
  • 性行為や自慰行為:術後1ヶ月前後
  • 軽い運動や筋トレ:術後1週間前後
  • 激しい運動:術後2週間〜1ヶ月前後
  • 温泉やプール:術後1ヶ月前後
  • シャワーや入浴:術後1週間前後
  • 飲酒:術後3日〜1週間前後

具体的な制限行為や期間の目安は、手術の内容や医師の判断によっても異なります。

制限がかかる内容は手術前に相談でき、術後もクリニックで改めて説明を受けられます。

いずれの場合も、手術を担当した医療スタッフ本人から指示されることであるため、手術によるトラブルのリスクを避けるためにも、制限がかかった内容は必ず避けましょう。

また術後に行なって良いか判断に悩んだ場合は、クリニックに問い合わせて判断を仰ぐことがおすすめです。

  • 包茎手術から一定期間は性行為や運動が制限される
  • 行なって良いか悩んだ場合はクリニックに相談して判断を仰ぐ

術後の過ごし方など医師に指示されたことは必ず守る

術後の過ごし方や経過など、医師に指示された内容は必ず守りましょう。

包茎手術は多くのクリニックで日帰りで受けられますが、術後は運動や性行為を控えることに加え、ケアが必要な場合があります。

包茎手術後のケア一例
  • 定期的な傷口の消毒や包帯の取り替え
  • 痛みや傷口の化膿を防ぐ処方箋の服用
  • 手術部位の抜糸

クリニックによってケアの内容は異なります。

特に手術部位の抜糸は、クリニックによっては必要ない方法を採用している場合もあるため、確認しておきたいポイントです。

いずれの場合も、包茎手術クリニックでは術後の過ごし方に加え、ケア方法についても詳しく説明されます。

過ごし方やケアは基本的に自分で行う必要があるため、必ず医師の指示を守って、最後まで後悔のない包茎手術を受けましょう。

  • 包茎手術を受けたあとは消毒や抜糸などのケアが必要
  • 術後のケアや経過観察のため来院が必要な場合がある
  • 必ずクリニックに指示されたケア方法を守る

クリニックで包茎手術を受ける流れ

クリニックで包茎手術を受ける基本的な流れは以下の通りです。

包茎手術を受ける流れ
  • クリニックに手術予約を入れる
  • クリニックでカウンセリングと診察を受ける
  • 治療内容に同意したら実際に包茎手術を受ける
  • アフターケアや抜糸を受ける

「クリニックで包茎手術を受けたい」と決断したら、早速手術を受けるための準備から整えましょう。

クリニックでは実際に手術を受ける前に、カウンセリングや診察を利用できるため、必ず相談したうえで治療に進むことが大切です。

また治療のアフターケアの内容はクリニックによって異なるため、ケアの内容や通院の必要性も確認したうえでクリニックを受診しましょう。

クリニックで包茎手術を受ける流れや受診のポイントについて、さらに詳しく解説します。

利用したいクリニックの手術予約を入れる

まずは利用したいクリニックの診察予約や手術予約を入れましょう。

多くのクリニックでは、手術内容に合意が取れれば診察から実際の手術まで1日で済ませられます。

予約方法はクリニックにより異なり、電話やメールのほかクリニックWEBサイトの専用フォームから受け付けている場合もあるため、手間なく予約できる方法を利用しましょう。

なお診察予約の際は、以下の項目を入力する必要があります。

予約時の入力事項
  • 氏名
  • 希望する治療法や手術方法
  • 診察を希望する日時

クリニックにより記入事項は異なり、なかには匿名で診察予約を受けられる場合もあります。

また予約の際に聞いておきたいことや要望を書き込める場合もあるため、必ず確認したいことがあれば予約段階で記入しておくのもおすすめです。

診察予約が済み来院日時が決まったら、万全の状態で受診できるよう体調を整えながら診察当日を待ちましょう。

クリニックでカウンセリングと診察を受ける

予約した診察当日が来たら、実際にクリニックに足を運んでカウンセリングと診察を受けます。

カウンセリングと診察は、それぞれ以下の内容について相談できます。

カウンセリング診察
包茎手術の流れや内容について
手術のリスクについて
料金システムや支払い方法について
術後の基本的な過ごし方や再来院について
患部の視診や触診
自分に合った治療法について
治療の流れやリスクについて

そのほか、クリニックの医師やスタッフに聞きたいことがあればカウンセリングや診察の段階で相談できます。

特にカウンセリングはプライバシー面に配慮しオンラインで対応しているクリニックもあります。

包茎手術についてじっくり相談したい人や来院回数を極力減らしたい人は、オンラインカウンセリングを利用するのも良いでしょう。

治療に同意したら実際に手術を受ける

治療の内容に同意したら、治療プランを契約して実際に包茎手術を受けましょう。

なお料金は手術前に支払う場合もあれば、手術後の場合もあるためクリニックの案内に従って支払ってください。

手術は診察当日はもちろん、体調などを考慮して後日に予約を取り直すことも可能です。

手術は基本的に麻酔の処方から始まり、痛みを抑えながら処置を受けられます。

手術が終わったら安静にしながら医師に術後の過ごし方やアフターケア方法について説明を受けましょう。

このとき処方箋や傷口ケア用の衛生用品を渡される場合もあるため、合わせて受け取れば退院です。

包茎手術が終わったあとは、医師の指示を必ず守って安静に過ごしてください。

アフターケアや抜糸を受ける

治療後も多くのクリニックでは、アフターケアを受けられます。

抜糸や経過観察が必要な場合は、手術当日に次の来院予約を取る場合もあるでしょう。

必要な診察や処置についても必ず受けたうえで、包茎手術を終えましょう。

なお術後に異変や違和感があれば、すぐにクリニックに相談することも大切です。

クリニックのなかには術後は期間を問わずいつでも包茎治療について相談できるところもあります。

術後の異変を放置したり、クリニックの指導を無視して過ごしてしまうと、手術の仕上がりに後悔してしまう恐れもあるため注意が必要です。

術後の異変は放置せず、アフターケアの一環としてクリニックと相談しながら、後悔のない包茎手術を利用してください。

包茎手術を考えている方向けのよくある質問

包茎手術を受けるなら事前に知っておきたいよくある質問として、6つ紹介します。

包茎手術のよくある質問
  • 包茎手術を受ければ男性器は大きくなりますか?
  • 包茎手術に切らない方法はありますか?
  • 包茎手術は保険適用で受けられますか?
  • 包茎手術は痛みがありますか?
  • 包茎手術は失敗する可能性がありますか?
  • 高校生でも包茎手術を受けられますか?

包茎手術は痛みはもちろん、料金や失敗のリスクについても広く知っておくことが大切です。

後悔のない包茎手術を受けるためにも、包茎手術の利用方法や仕組みについても正しく把握しておきましょう。

以下からは、包茎手術に関するよくある質問について詳しく回答します。

包茎手術を受ければ男性器は大きくなりますか?

包茎手術により男性器が大きくなるかどうかは、男性器の形状などにより個人差があります

一般的に、「男性器が包茎手術により大きくなる」とされている理由は以下の通りです。

包茎手術により男性器が大きくなる要因
  • 包皮の締め付けや圧迫がなくなるため
  • 締め付けがなくなり血流が改善されたため

真性包茎や嵌頓包茎の場合、男性器は包皮に覆われているため、形状によっては包皮が男性器を覆い圧迫しています。

そのため男性器を締め付ける包皮を包茎手術により切除できれば、男性器が大きくなる場合があります。

ただし男性器が大きく見える原因として、手術により男性器が腫れていることも原因として挙げられるため、痛みや違和感を覚えた場合はすぐにクリニックに相談しましょう。

包茎手術により男性器が大きくなるかどうかには個人差があるため、男性器のサイズが気になる場合は亀頭増大手術や長茎術など、別の治療を検討することが大切です。

包茎手術に切らない方法はありますか?

包茎治療のなかには、切らない方法も存在します。

切らない包茎治療一例
  • クイック法:生体組織接着剤と高周波針で余分な包皮を減らす方法
  • 切らない長茎術:体内に埋まった男性器を引き出す方法

切らない包茎治療は痛みが抑えられたり、手術痕が残りづらいことがメリットとして挙げられます。

クリニックによっては独自の切らない包茎治療を展開している場合もあるため、合わせて検討するのも良いでしょう。

しかし切らない包茎治療は基本的に仮性包茎にしか適用できなかったり、仕上がりに個人差が出やすいなどのデメリットもあります。

切らない包茎手術に興味がある人は、各クリニックの治療法や自分の男性器の形状をもとに、利用できるか検討することから始めてください。

包茎手術は保険適用で受けられますか?

包茎手術は男性器の形状や利用する手術方法により、保険適用されるかどうかが異なります。

包茎手術が適用される場合
  • 真性包茎など衛生面や性行為に支障を来す形状である
  • 泌尿器科で受けられる作図法などによる包茎手術を利用する

以上2つ両方に当てはまっていれば、保険適用で包茎手術を受けられます。

保険適用で受けられることを重視する場合は、保険診療での包茎手術を受けられるクリニックや病院を受診しましょう。

ただし保険が適用される男性器の形状であっても、亀頭直下埋没法など仕上がりを重視する手術方法を選んだ場合は、自由診療で受ける必要があります。

包茎手術は仕上がりも非常に大切であるため、手術に対する考え方や予算に合わせて、保険診療の治療から自由診療の治療まで広く検討してください。

参考:保険適用と自由診療について(厚生労働省)

包茎手術は痛みがありますか?

包茎手術は麻酔が処方されますが、麻酔の処方や術後の傷などで痛みを感じる場合があります。

包茎手術での痛み
  • 局所麻酔の注射針により痛みを感じる場合がある
  • 手術後に麻酔が切れて傷口が痛む場合がある
  • 手術による傷口が化膿や炎症を起こして痛む場合がある

包茎手術では基本的に、手術箇所である男性器に局所麻酔を処方するため、注射の麻酔で痛みを感じる恐れがあります。

手術が終わり麻酔が切れたあと、傷口が痛んだり傷口が化膿して痛みが悪化する場合もあるため注意が必要です。

また包茎手術による痛みは、個人差がありますが麻酔が切れて2~3日程痛む場合があります。

そのため包茎手術の際は、痛みへの対処法やクリニック選びの工夫を検討しましょう。

包茎手術の痛みへの対処法
  • 2〜3段階で麻酔を処方しているクリニックを選ぶ
  • 処方された痛み止めや化膿止めを用法用量を守って服用する
  • 包茎手術後しばらくはクリニックの指示を守って安静に過ごす
  • 傷口が悪化しないよう定期的に傷口を消毒する

麻酔の処置方法に工夫しているクリニックを利用することはもちろん、術後の患部のケアを丁寧に続けることも大切です。

クリニックの指示をよく守りながら、痛みが抑えられた包茎治療を目指しましょう。

包茎手術は失敗する可能性がありますか?

包茎治療は手術法と男性器との相性や担当医の技術不足などにより、失敗する可能性も存在します。

包茎手術が失敗する例
  • ツートンカラー:傷跡が色素沈着し変色してしまう
  • 傷口の痛みや違和感:包皮の切りすぎなどで痛みが生じる
  • ケロイド化:手術痕が赤く腫れて痛みが生じる
  • ペリカン変形:男性器裏側が膨らんだように腫れ上がる
  • 包皮小帯やリッジバンドの切除:誤った切除で性的刺激が下がる

医師の技術不足やミスにより、傷口が目立ち包茎手術したことがわかりやすくなったり、男性器が腫れてしまうなどの失敗例があります。

また包皮の切除に際して包皮小帯やリッジバンドなど、性的快感を得るための部位を誤って切除してしまうことも、失敗例の1つです。

特に保険診療での治療は、病気のリスクや痛みを避けることが主な目的であるため、手術痕がわかりやすい治療法しか選べず治療後に「失敗した」と感じる場合もあるでしょう。

包茎手術の際は、失敗例が存在することもふまえたうえで必要な治療法を検討してください。

高校生でも包茎手術を受けられますか?

高校生でも包茎手術は受けられるため、自分の男性器の形状などをふまえて治療を検討しましょう。

高校生が包茎手術を受けるメリットとデメリットは以下の通りです。

メリットデメリット
病気や成長阻害のリスクを抑えられる
衛生面が改善され男性器の清潔を保てる
勃起障害や早漏を予防できる
見た目が改善され自信が持てるようになる
治療に料金が必要である
高校生(未成年)は保護者の同意が必要である
術後しばらくは運動などに制限がかかる

高校生の間に包茎手術を受ければ、男性器の清潔を保ち病気予防や勃起不全の予防に繋がります。

見た目の改善にも繋がるため、男性器に関する悩みに広く対処できるでしょう。

しかし治療には料金が掛かることはもちろん、未成年である高校生は手術に際して保護者の同意が必要です。

術後も運動や入浴に制限が掛かるため、運動部での活動や体育の授業に影響が出る点もふまえて手術をするか、また手術を受けるタイミングを検討してください。

目次